本場イタリア人に教わったマキネッタによる美味しいモカエキスプレスのコツ

以前イタリア人の友人から聞いたマキネッタの日本ではあまり知られていないコツを紹介

その前に個人的に一番気になっていたのはイタリアでは全家庭にマキネッタがあるという噂の真相。彼いわくこれは本当だとのこと。少なくとも実家にはみんな必ず持っていると言っていた。外ではイタリア人の生活に密着したバール(喫茶店兼カフェ)、自宅ではマキネッタといった使い分けをする人が多いそうだ。

米の炊き方は日本人に聞くのが良いのと同様、マキネッタについてはイタリア人に聞くのが一番だと実感した

今回はビアレッティ社のマキネッタを使用。冒頭の写真右が一般的なモカエキスプレス1カップ、左はエスプレッソメーカーのブリッカ2カップ。ブリッカは抽出時のクレマを楽しみたい本格派の人へお薦め。

BIALETTI(ビアレッティ) モカエキスプレス
BIALETTI(ビアレッティ)公式HP
Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

準備するもの

マキネッタ(写真はビアレッティ モカエキスプレス 1cup)
五徳(ガスバーナープレート)
コーヒー豆


 

モカエキスプレス の使い方

①ボイラーに水を注入


ボイラー内に見える突起(安全弁)の下を目安に水を入れる

②バスケットにコーヒー粉を入れる(深煎り・細挽き)


バスケットいっぱいに粉を入れる

エスプレッソの時のように押し込まず、指やスプーンの柄を使って摺り切る

豆はエスプレッソ用の極細挽きはNG細挽きを用意する

③弱火でじっくり直火にかける


撮影のためカセットコンロを仕様しているが、普段はガスコンロでもOK

③-1 ちょろちょろ抽出され始める

③-2 勢いよく抽出された後、弱まり泡だけになったら終了


放って置くと雑味が出てくるため、写真のような状態になったらコンロの火を止める

④完成

火力は強火にすると直ぐに抽出されるが、弱火でじっくり圧をかけて抽出させた方が湯の粉への通りが良くなり味が断然よくなる

ブリッカの使い方 Bialetti Brikka

基本的な手順はモカエキスプレスと同様。 ※ボイラーへの水の注入目安に違いあり


写真の通りH2Oと書いてある突起部すれすれに水(H2O)を注入


ボイラーへ移し替える


粉はたっぷり、タンピングはNG


コンロで弱火じっくり火にかける→なめらかなクレマがたっぷり出てきたところで終了

ブリッカは特殊バルブにより抽出後に圧をかけてクレマを発生させることで、よりエスプレッソに近い味わいを楽しむ事が可能となる。

写真のようにきめ細やかで滑らかなクレマを出すには仕組みを理解することが大切。エスプレッソマシンのように抽出時にタンピングした粉とマシンによる圧をぶつけて濃厚なコーヒー(エスプレッソ)を抽出し、その副産物として良質なクレマを生み出す仕組みとは異なる。

あくまでもモカエキスプレス同様にボイラーでモカ(濃い目のコーヒー)を抽出した後に、サーバーに落とす前に圧力をかけて泡(クレマ)を発生させる。そのためボイラー内で、高圧かつ安定した圧をかけることがポイント。 “細挽き&弱火” これだけ。『挽き目と火力』この2つを意識して2-3度試してもらえば、とってもクリーミーなクレマが作れるようになる

終わりに

マキネッタにまつわるもう一つの噂がある。イタリア人は毎日マキネッタを使ってモカエキスプレスを飲んでいるという話。実際のところは毎日では無いが多くの人が週2-3度は使用してると言っていた。そもそもイタリア人はドリップコーヒーを飲む習慣があまり無いそうで、そのためこのマキネッタが普及しているとのこと。因みに現地ではモッカ(MOKA)と言うらしい。

そんな彼らが日本を含め海外の人達の使い方で気になるのは火力だそう。ネットの記事で抽出時に飛び散るので注意と流れているが、イタリアではそんな事は無いそうだ強火で急圧しないで弱火でじっくり高圧にすることが安定した美味しい抽出のコツと話していた

また、モカエキスプレスと言えど濃いコーヒーのため、そのまま飲む事はまず無いそう。薄めずに飲む場合には砂糖を沈めてグイッと飲んで、最後に溶け残った浸った砂糖をすくい取り飲み干すのがイタリア流。お湯を注いでアメリカンにしてみたり、ミルクと合わせたり、バニラアイスにかけたりとバリエーション豊かに使用しているそう。

自宅で気軽にエスプレッソ感覚を楽しめるモカエキスプレスは使いこなせば、きっとイタリア人のようにお洒落手にあなたの日々のCoffeeLifeをより豊かにするアイテムになるだろう。

BIALETTI(ビアレッティ) モカエキスプレス
BIALETTI(ビアレッティ)公式HP
Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

ビアレッティと相性の良い五徳 click 
消耗品のパッキン 予備もっておくべき click 
エスプレッソ用のコップ あると便利 click 
セットコンロはこれが一番おすすめ click 

 

NO IMAGE

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee