HARIO(ハリオ)の手挽きコーヒーミル。 セラミックスリムを購入しようか迷っているあなたへ実機レビュー

最近、『自宅で豆から挽くコーヒーを飲む習慣を始めたい』という人も僕のサイトに遊びに来てくれることが多くなった。以前はバリスタや、コーヒーマニア、ショップ関係者が中心だったので嬉しい変化だ。

今回は豆から挽くコーヒーを始めてみようかなと思った多くの人が目にする器具であろう2,000円台で購入できるHARIOの手回しコーヒーミル(セラミックスリム)についてレビューしていこう。

 コーヒー関係者の人は、コーヒー初心者が求めているものを再確認するいい機会かも

ハリオ セラミックスリムについて

コーヒー初心者の人はまず道具を揃えるハードルがある。コーヒーショップに勤めている人は忘れてしまったかもしれないが、これが結構なハードルなのだ。

コーヒー器具は数限りなく存在し、情報は多く価格も様々。ネット検索や動画などが充実する便利な時代になったが、それぞれの違いなどコーヒーの基礎が無い人が調べようとすると一苦労だ。淹れ方も然り。コンビニに行けば安くて挽きたてのコーヒーを飲めるし面倒だからやっぱり止めようとなる人も多いのではないか。

なぜHARIOセラミックスリム取り上げたかというと、単純に最も売れている手動ミルだから。amazonにおける評価は執筆時点で驚異の4,415件に上る。日本のamazonで購入した人の中で評価をつける割合は1/30件程度と言われる。仮にそのとおりで当てはめるとamazonだけで約13万個を販売していることになる。

間違いなく日本で一番売れているコーヒーミルなのだ。

材質・構造


ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム
HARIO 公式HP
Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

本体サイズ㎜ : 150(W)×72(D)×220(H)
本体重量   : 245 g
ホッパー容量 : 24g
臼刃     : セラミック(内臼、外臼)
ホッパー   : ポリプロピレン
ボトル    : メタクリル樹脂

特徴的なのはすべてのパーツを丸洗いできる245gの軽量ミルという点だろう。セラミック製の臼刃を使用しているため刃の耐久性は極めて高く、毎日コーヒー豆を挽かない人でも刃の錆びつき等による劣化をほとんど気にせず使用できる。

500mlペットボトルと比較しても上記のとおり。ハンドルも外れてコンパクトになるのでキャンプなど屋外への持ち出しにも適している。

セラミック製の刃は水洗いもOK。大抵の清掃はブラシか水洗いで十分だが、長期間使用していない場合の油分のこびり付きなどは真鍮製のブラシなどで磨くときれいに落ちる。

丸洗い可能なのは衛生的で非常に嬉しい。

 

実際の評価者の声

初めてコーヒーミルを購入する人にはこちらの声の方が大事かもしれない。コーヒーに精通してしまったコーヒーブロガーや、バリスタが語る使用感よりも純朴で経験の浅い人の声のほうが身近ではないだろうか。
 評価の良い声も、批判的なコメントも生の声があるね

簡単で初心者にも使用できた。粉の荒さも調節できるのがよかった

1年半ほぼ毎朝使い続けているが、初めて挽いた時からずっと良い具合で挽けている。

まあ~疲れる。何が疲れるかって云うとハンドル側じゃなく、本体を掴んで(固定して)いる腕が疲れる。一杯分でこれか~と思いました。この商品に限らず、女性の方では持て余してしまいそうですね。

分解して綺麗に洗えるのがいい。シンプルな構造なので、元に戻すのも簡単。

コーヒーには詳しくないのですが、これを買ってから色々なコーヒー豆を買って色々飲み比べたりしています。挽きたてのコーヒーって本当に美味しいです!

コーヒー初心者ですが美味しいコーヒーが自宅で入れられて嬉しいです。安定感は少し欠けますが、しっかり持ってやれば問題ありません。

初めての手動ミルで他のものとの違いはわかりませんが、何不自由なく使用できました!一人分は1〜2分で挽けます!

金属刃や電動でも満足する人には問題なくても、手動のセラミックから期待する水だし用の仕上がりは3度ひきしないと無理。軸が不安定で隙間ができるせいだと思う。

軽いので山登りにも持っていけるため、山の上でレギュラーコーヒーが飲めるのがありがたいですね。

分解して洗えることに惹かれて買いましたが、外刃に遊びがありすぎて微妙にズレてしまい、挽き具合が安定しません。

このお値段でこれならお買い得だと思います。コンパクトで食器棚に簡単に収まるしテーブルウェアと並べても違和感がありません。なによりもガリガリ挽いている時に漂ういい香りがたまりません。

実際に挽いてみた

挽き加減を調節

挽き目は抽出されるコーヒーの味に大きく影響を与えるのでクリック数である程度覚えておくと良い。
 後半で代表的な挽き目を紹介するから参考にしてね

豆を投入

※挽き目の調節は豆を投入前に行うこと(ダイヤルが回りづらくなる等故障の原因になるので)

しっかり握ってグラインド

使用者のレビューでも多く見られたが、テーブルに置いてグラインドするとミルが動くため押さえつけるのにかなり力が必要となる。女性の方は印鑑マット等を敷いて滑り止めをするといい。

また、ミルの窪みを握って、自身のお腹の前あたりに浮かせた状態で左右の手、両方を円を描くように動かしながらグラインドすると力をかけずに挽ける。

 いい感じ。このダブルウォールっぽいデザインも素敵。

挽き具合チェック

ハンドドリップ等で最も多様する”中細挽き”。どのくらいの細かさにすれば良いか分からない人はまずはこの写真を参考にすると良い。

拡大すると分かるが、粉の大きさには多少のばらつきと微粉がある。しかし以前検証したPanasonicの全自動コーヒーメーカーよりも精度の高いグラインドとなっており、この価格のミルであれば十分満足できる。
※微粉 コーヒー豆を粉に挽いたときにでる細かい粒子のこと。湯の通り抜けが悪く、多くなると苦味や渋みなどの雑味の原因となりやすく飲み口も粉っぽくなる。

関連記事

Panasonic NC-A56 コーヒーメーカーとは以下がAmazonの評価(2019/02/11時点)であるが、とてつもないレビュー数だ。そして圧倒的な評価。ここ最近ブームとなっているコーヒーミルとドリップの一体型(全自動タイプ)で[…]

セラミックスリム 挽き目

【13クリック】 中細挽き ペーパードリップ

【15クリック】 中挽き サイフォン / ネルドリップ / ステンレスフィルター

【17クリック】 中粗挽き フレンチプレス / ネルドリップ / サイフォン

頻繁に使う挽き目(メッシュ#)は上記のとおりなので、クリック数と画像の挽き具合を参考にして欲しい。クリック数はダイヤルが完全に動かなくなるところをゼロポジションとして、カチッとなる毎に1カウントしていく。

豆から挽くコーヒーが初めての人は、この挽き具合が味に非常に影響することを各挽き目で体験してもらえるといい。正しい挽き目を知っておくことは、より美味しいコーヒーを淹れるのにとても重要となる。

ちなみ、このセラミックスリムはエスプレッソを作るための細かな挽き目(極細挽き)はできない。大抵のコーヒーミルはエスプレッソ用の挽き目は対応していないので気にすることはない。最も細かい挽き目はモカエキスプレスで使用する細挽きとなっている。

【6クリック】 細挽き モカエキスプレス

6クリック以下は臼刃が空回りしてグラインドできないので注意。#6で空回りが生じた場合は#7にセットすると良い。

 

本格的な電動グラインダーと飲み比べ

家庭用の本格的なコーヒーグラインダーと、どのくらい味に違いが出るのか検証してみた。

カッピングと呼ばれるテイスティング手法で、粉に湯を注ぎ、数分後粉が沈んだら上澄み液をスプーンですくって味を確認。

さすがにこれは誰が飲んでも分かるほどハッキリとした違いが出た。高価なグラインダー(Wilfa Svart Aroma)の方では 挽きたて豆の芳醇な風味がとても強く感じられた。HARIOセラミックスリムは比較してしまうと香りが薄く雑味も出ていた。

やはりコーヒーにはグラインダーはとても重要である。

しかし、はじめて豆から挽くコーヒーを始めようとする人にとってはまずは考えなくて良い。いきなり高額な道具を揃えるよりは、まずは豆から挽く愉しさと美味しさ、そして驚くほど心地よい香りを体験して欲しい。
 缶コーヒーやインスタントコーヒーだった人が自宅で好きなタイミングで豆から挽いたコーヒーを味わえる感動に勝る性能差はナシだね。

レビュー・終わりに

コーヒーグラインダーは上を見ればキリが無い。家庭用でも数万円するようなミルもたくさんあるし、もちろん高額なものになれば性能は店舗で飲むコーヒーと同等やそれ以上のものだってある。

しかしそういった器具はコーヒーにもっとこだわりたいと思うようになってからで良いのではないか。コーヒーがもっと好きになってくると豆選びや、抽出方法などこだわりは増えてくる。当初はコーヒーミルだけ高額なものにしても費用対効果が合わないのだ。

2,500円以下で販売されているこのHARIOセラミックスリムがいったいどれだけの人を豆から挽くコーヒーの素晴らしい日常に連れてきただろうか。コーヒー関係の従事者であればその偉大さと、難しさをよく知っているはずだ。

それだけで100点満点。この豆から挽くコーヒーの体験は、どんなに良さを伝えたくとも入り口がなければ成し得ない。きっかけというのは最も大事。HARIOに忖度はしないが、セラミックスリムには敬意を評したい。

迷っているあなたは買いで間違いない。部屋中に広がる豆を挽いた幸せな香り。あなたの素晴らしいCoffeeLifeを豊かにする道具となるに違いない。

 


ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム
HARIO 公式HP
Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

メンテ用真鍮ブラシ  click 
関連記事

コーヒーを少し本格的に始めてみようと思ったときにまず悩むのがコーヒードリッパー。種類が多く、その特徴について各ドリッパーの説明を読んでいると何だか難しそうに感じて躊躇してしまう人もいるだろう。今回はコーヒードリッパーについて特徴を分[…]

>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常をほんの少し豊かに変える" 素敵なCoffeeLife

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life a little more fulfilling.
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee