Peugeot freres

Peugeot freres

型番:Peugeot freres サイズ【4】
年代:1930年代
寸法:135mm/135cm/200cm
素材:ブナ材 蓋、ハンドルつまみは真鍮

フランスのアンティークコーヒーミルの代表例。1900年代前半の頃の製造で、11種類のサイズが存在する。矢の上に立つライオンの姿が当時のpeugeot社のロゴ。現代のモデル”ノスタルジー”のモデルとなったミル。実用はほぼ期待できないが、キッチンやショップに飾ると雰囲気がとても素敵になる。仕入れの際のポイントはミル箱に虫食いの量、天板にヒビ割れが無いか。この時代のミルは杭を打ち込んで木箱を留めておりメンテナンスも非常に困難。

プジョーといえば今では自動車メーカーとして有名だが、その歴史は古く1500年代からモンベリアールのヴァンドンクールにプジョー家の歴史は始まり、製粉業を営み拡大。その後農業から工業へと転身。製品は農機具から自転車、ミシン、手術道具など生活金物を次々と世の中へ送り出す。金物加工技術が発展する中で1840年代からはコーヒーミルも製造されるようになる。コーヒーミルはプジョーにとって看板事業となり、やがてその高い加工技術が自動車製造へと引き継がれていく。





最新情報をチェックしよう!
>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee

CTR IMG