PeDe Dienes No.461(1930sモデル)

型番:PeDe Dienes No.461(1930sモデル)
把手:折りたたみクランク式
年代:1933-1936年
寸法:高さ18.5㎝ 直径4.8㎝
重量:465g

特徴:1930年代に作られたDienesの真鍮製コーヒーミル。アンティークショップなどでは1951年モデル(魚のような模様)は割と見かけるが、この1930sモデル(渦巻き模様)は非常にレア。またクランクが折りたたみ式となっているものは希少性が高く、コンパクトで携帯性にも優れた扱いやすいミル。100年近く経過した現在でも磨けば輝きを取り戻す真鍮素材。ミル刃はさすがDienesといった鋭く美しいカットがなされている。粉受け皿を外した内側の調節ネジにて豆の挽き具合が調節でき、細挽きから粗挽きまで簡単に調節可能。非常に酷似した製品としてザッセンハウス 175M(現在復刻販売されているザッセンハウス ハバナ)と同等のサイズ。

当時のカタログによると、3つのサイズのミルが販売されていた。そしてrigid crankモデル(曲がらないクランク)もあり。底面の D.R.Patの刻印はドイツ特許庁が1877-1945年まで使用していた刻印であり、このミルが1930sモデルであることの裏付けとなるものである。

一番大きなモデル(曲がらないクランク)

https://akatsukiya.com/2018/11/pede_dienes_history/







最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee