PeDe Dienes(ペーター・ディーネス)の歴史

Zassenhausが刃の製造を委託した唯一の会社とは

PeDe Dienesは1869年にPeter Dienes(ペーター・ディエン)氏によって創業したドイツのコーヒーミル企業。ロゴマークの特徴は”PeDe”という文字と十字架を頭に乗せたシカである。これはドイツのリキュール銘柄であるイエーガーマイスターのマークにも同様の絵柄が見られるように7-8世紀あたりドイツにおける守護精霊神話を元にしている。

PeDe DienesはRemscheid(レムシャイト:刃物で有名なゾーリンゲンや、鉄鋼の街ヴッパータール近郊の街)で、ミルを製造していた大変由緒あるメーカー。Dienes氏自身は1899年に死亡しているが、その後息子のFriedrich と Peter Gottliebが引き継ぎ1962年にZassenhausに吸収されるまで数々の名品を世に残した。PeDe Dienesはイングランドを含むヨーロッパ全土だけでなく、カナダやアメリカにもミルを販売していた。製造については1919年からオランダでもミルを製造。この頃のオランダ工場でのミルには、少なからずオランダ風土がデザイン性などに反映されている。

当時、手回しコーヒーミルの全盛期であり職人たちが日々、その技術を競い合い様々なミルが誕生した。10社近くあったコーヒーミル会社の中でもZassenhaus(ザッセンハウス)とPeDe Dienesの競争は特に激しく、互いを意識したと思われる製品(デザインや機能) がいくつも存在する。日本ではコーヒーミルといえばZassenhausが有名だが、欧州ではDienesの方が希少価値が高く、売買価格も高いこともしばし。当時の刃の製造技術ではDienesの方が上だとも言われている。その証拠に、1962年にZassenhausに吸収されている。また一時期、Zassenhausへミルの刃を提供していた。最期はZassenhaus1社のみが残ることとなるが、まさにマーケティングのザッセンと、技術のディーネスと言ったところだろう。

 

>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee