トップバリスタの使用率が高いクレバー(Clever)コーヒードリッパーとは

Clever Coffee Dripperについて

コーヒードリッパーに求める機能とは何だろうかと有名なバリスタに聞いてみた。”美味しく抽出できること“は当然だが、同じくらい大事なことに“いつも安定した味を抽出できる(ブレが少ない)こと”という答えが返ってきた。

僕たち趣味のコーヒー好きが求める機能としては”使用する際のハードルの低さ(手軽さ)“なんかも大事だと思う。

今回紹介するクレバー(Clever)はこの全てを兼ね備えたドリッパーである。

コーヒーについて全くの素人や、子供であっても、カップラーメンを作れる人であれば簡単にプロと同じ味を再現できる。

僕はこのドリッパーを『魔法のドリッパー』と呼んでいる。価格も高くないので、この記事を読んだら是非試してもらいたい。あなたはきっとコーヒーの美味しさを再発見することができるだろう。


CLEVER クレバー コーヒードリッパーS
浸漬式の魔法のドリッパーCLEVER 
amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す


クレバー(Clever)の特徴

クレバーはフレンチプレスとフィルタードリップの両者による抽出利点を享受し、それぞれの欠点を解消したハイブリッド器具と言われる。

 

コーヒー抽出方法
・フレンチプレス 浸漬(しんし)法…粉と湯の浸漬時間をコントロールすることが可能。豆と湯の触れる時間が長いためコーヒー豆が持つ特徴をしっかり抽出できる。その反面、油分まで多く抽出してしまうため、雑味も出やすく鮮度の良い豆を選ぶことが重要。また僅かではあるが、粉がプレス網をすり抜けるため飲み口は粉っぽくなる。また、掃除は比較的面倒だ。

・フィルタードリップ 透過法…最も一般的なペーパーフィルターでは、紙で濾過するため粉っぽさは無いが、粉と湯の接触時間が短いためかなりクリーンな味わいに。浸漬時間は無く、透過させる時間をドリップテクニックにより制御する。そのため安定した抽出は難しい。

クレバーの特徴をまとめると以下のようになる

  • フィルターコーヒーよりも豆の特徴をしっかり抽出
  • 油分や雑味をペーパーにより除去
  • 再現性が高く毎回安定した抽出が可能
  • 忙しい朝などお湯に浸している待ち時間に他の作業ができる
  • シリコン弁の機能が秀逸(使ってみれば誰でも分かる)
  • アウトドアや旅先でも使いやすい(先が細いポットが無くても平気)

 

料理において、手間と美味しさは比例するものだと考えているが、クレバー(Clever Coffee Dripper)はそんな当たり前の既成概念すら崩壊させる。

クレバーを使うと誰にでも簡単にプロの味を再現できる。僕たちは美味しいコーヒー豆を用意するだけで、近所の喫茶店よりも遥かに美味しいコーヒーを味わえるのだ。

『clever=賢い、巧み』と翻訳されるとおり、コーヒーの旨味を抽出するにあたり驚くほど賢く仕組みが作られた商品である。
 これ考えた人ってCLEVERというより、Geniusだよね

クレバーの使い方

【1】コーヒー豆をグラインドする

屋外や旅先で使用する場合はCOMANDANTE(コマンダンテ)のグラインダーとの相性が抜群。

コーヒー豆 15g(挽目 中細挽き)
抽出量   225〜230cc
湯温    93℃
浸漬時間  4分半〜5分

挽目や浸漬時間などはあくまで目安値。コーヒー豆の焙煎度などによってもベストポイントは異なるので、自分の好みにあった抽出ポイントを見つけることが大切。

浅めの焙煎  上記レシピのように浸漬時間を長めにする事で、よりフルーティーな味わいを抽出ができる

中深煎り以上 中挽き&短めの浸漬時間(4分程度)

Comandante C40について噂のCoffeeGrinderがようやく手に入った。このComandante C40は世界で最も高く評価されるコーヒーグラインダーである。驚くべき事に、それは家庭用のコーヒーミルとの比較では無[…]

【2】ペーパーフィルターをお湯で濡らす

ものすごく重要!!
クレバーを温め、抽出時のコーヒーが冷めないようにする。またペーパー(紙)の臭い移りを抑える。

【3】中細挽きのコーヒー粉をいれる

【4】お湯を注ぎ、浸す

このときフィルタードリップのように蒸らしをする人をたまに見かけるが、浸漬法の場合は蒸らしは不要。たくさんの量の湯を注ぐため、ドリップ抽出の妨げとなるガス(二酸化炭素)を気にする必要は無い。必要量まで一気に注いでOK。

【5】蓋をする

【6】1分半経過後 / 浮いてきた粉の上澄みをかき混ぜる

【7】4分半経過後 / サーバーやコップの上にのせてコーヒーを落としきる

【8】完成

抽出が濃い場合は、自身の好みに合わせて残っているポットの湯を注湯して調整。また、抽出されたコーヒーの濃度がコップ内の上下で異なるため、軽く撹拌をするのがポイント

クレバー(Clever Coffee Dripper)のウィークポイント

  • 器具やサーバーを温めておかないとコーヒーが冷めやすい
  • フレンチプレスのようなコーヒーオイルを愉しみたい人には濾過してしまうため合わない
  • ハンドドリップのようなワクワク感は無い

終わりに

コーヒーの面白いところは、同じ豆を使用しても抽出方法を変えると大きく異なった味を作ることが出来ることだ。

『今朝はコーヒーオイルまでしっかり愉しむ”フレンチプレス”にしようかな』とか『食後はすっきりクリアなドリップコーヒー(HARIO v60)にしよう』などである。

今回ご紹介したCleverも然りだが、シチュエーションや、コーヒーのお供となるフードなどに合わせて好みの抽出が出来るようになると、コーヒーがより好きになるだろう。手軽だけど間違いない美味しさのCLEVERを知れば、あなたの日々のcoffeeLifeは更に豊かなものになるだろう。


CLEVER クレバー コーヒードリッパーS
浸漬式の魔法のドリッパーCLEVER 
amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す


Clever Coffee Dripper クレバー 透明 click 
最新情報をチェックしよう!
>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee

CTR IMG