PeDe Dienes No.508

型番:PeDe Dienes No.508
年代:1951ー1960s
寸法:横9.5㎝ 奥12㎝ 高さ20㎝

特徴:1951年~1960sに作られたDienesのコーヒーミルです。PeDe Dienes No.500のモデルに追加料金オプションをセットし、木箱を〝高級なチェリーウッド〟に、ミル刃を細挽き可能な〝Moka〟にしたNo.508です。画像のとおりこの時代の高級チェリーウッドの木目の美しさは格別です。このNo.は豆の投入口や、粉受けBoxの留め具(位置が横ではなく上に付いている)にも特徴がある稀少なモデルでもあります。なおNo.500はブナ材。

日本ではコーヒーミルといえばZassenhausが有名ですが、欧州ではDienesも同じくらい人気。Pe.De社は、1869年にドイツの西、オランダに近い街レムシャイト(刃物で有名なゾーリンゲンや、鉄鋼の街ヴッパータール近郊の街)で、ピータ・ディエン(Peter Dienes)が創業したコーヒーミルメーカー。

創業者の縁者により、オランダでもミルを製造していた時期がある。オランダのDienesは刃の精度とミル箱の印象が多少異なる。最終的にはドイツもオランダの会社も、1962年にザッセンハウスに吸収され幕を閉じる。当時、ザッセンハウスとPeDeの競争は大変激しく、互いを意識したと思われる製品(ほとんど同じデザインのミル) がいくつも残されている。この競争が1950年代〜60年代の最高のコーヒーミルをいくつも生み出した要因だろう。

実はミルの心臓部とも言える刃の製造技術はDienesの方が上だとも言われている。Dienesは一時期、Zassenhausへミルの刃を提供もしており、まさにマーケティングのザッセンと、技術のディーネスと言えるだろう。

最新情報をチェックしよう!
>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee

CTR IMG