デルターコーヒープレス(delter coffee press)に使えるペーパーフィルターを検証してみた

エアロプレス用のペーパーフィルターは使用できますか?

とても照会が多いので記事にします。純正との違いや、kalitaのペーパーフィルターについても試してみたので、これから購入検討の人も、既に使用中の人も参考にしてみてください。

直径6.2cmのフィルターキャップ

デルターコーヒープレスのペーパーフィルターをセットするキャップは直径6.2cm。この直径をベースにペーパーフィルターを選ぶようにしよう。

各社の丸形ペーパーフィルターを検証

デルターコーヒー純正品

delter coffee press 本体を購入時に100枚が同梱されている。ペーパーフィルターのみでは300枚入で単品販売されている。300枚購入しておけば半年〜1年くらいは持つだろうし、1枚あたりの単価で考えればそこまで高くない。

画像からも分かるように、ペーパーに細かくシワが入っており、油分や雑味をしっかり吸着しやすい材質になっている。手触りや質感が日本製のHARIOやkalitaのドリップ用フィルターと似ている。

当たり前だが純正なので、端までぴったり。直径6.2cm。

Delter coffee 純正ペーパーフィルター 300枚入

Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

エアロプレス用ペーパーフィルター(AERO PRESS MICRO FILTERS)

エアロプレス用のペーパーフィルターとしては有名な同商品。1パックで350枚入。冒頭の質問に対する答えだが、「使えないことは無いがサイズとしては若干大きい」となる。

キャップとフィルターの上部に浮きが出てしまっている直径6.4cm。デルターのものと比較すると2mm大きい。

気になったのがペーパーフィルターの質があまり良く無いところ。表面に凹凸が少なく、濾紙としての質はデルターや日本製のペーパーフィルターには劣る印象。

エアロプレス専用ペーパーフィルター

Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

デルターコーヒー用とエアロプレス用の比較

遠目でも表面の質感の違いが目視できるが、アップすると明らかに違う。濾紙はこのザラつきや凹凸が大事。フィルターとして余計な油分や液体の濾過をしっかり行えるのはデルターコーヒープレス用の方だろう。

安くて高品質。kalitaのコーヒーフィルター

カリタ丸形コーヒーフィルター 65mm

質感は申し分無いが、サイズが大きすぎる。周りが浮いてしまい、使用はオススメできない。

カリタ丸形コーヒーフィルター 60mm

60mmだとサイズが小さく、端に隙間が生じてしまうことがある。これでは圧力をかけた際に十分に濾過されず、また空気の逃げ道にもなるため圧もかからない。

kalitaはさすが日本製だけあって、この3社では濾紙としてのクオリティは最も優秀。デルターコーヒー用の62mmも作って欲しいものだ。

結論

丸形フィルターは様々なサイズのものが販売されているが、デルターコーヒーのポテンシャルを最大限に引き出すとなると純正のペーパーフィルターがオススメ。エアロプレス用も使えないことは無いが、ジャストフィットではないのと、濾紙の質感を考慮すると…といったところ。

紙の質感としては個人的にはkalitaのコーヒーフィルターが一番良い印象。サイズが合わないので65mmを購入して少しだけ小さくするのもありかもしれない。

デルターコーヒープレスはペーパーフィルターとの相性が抜群の抽出器具。今回の検証を参考に、ぜひベストな抽出を愉しんでほしい。

 

kalita 丸形フィルター  click 

NO IMAGE

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee