デルターコーヒープレス(delter coffee press)× ステンレスフィルターでコーヒーの旨味を堪能しよう

デルター愛用者が増えてきましたね。簡単に手早く抽出ができるのが魅力なんですが、意外と奥が深い。

蒸らし時間やプレス回数と1プレスあたりの湯量、湯温など自由度の高い抽出が初心者だけでなく、プロからも高い評価を得ている。

慣れてくると、焙煎度や産地など豆の特徴に合わせて抽出をチューニングすることができ、ハンドドリップでは得られない圧力抽出ならではの『クリーンだけど果実感のギュッと詰まった』驚きのテイストが体感できる。

今回はそんなDelter Coffee Pressにステンレスフィルターを使って抽出後の違いを比較してみた。

Delter coffee press(デルターコーヒープレス)
Delter (kickstarter)HP
Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

able brewing DISK コーヒーフィルター

使用したのはAeroPress用金属フィルターとして有名なDISKコーヒーフィルターのstandardタイプ。このable brewing社はステンレスフィルターの技術に定評があり、ケメックス用のKONEなどは世界的にも有名だ。

AeroPress®用DISKコーヒーフィルターSTANDARD
able brewing社 公式HP
Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

今回非常に驚いたのが、デルターとの親和性だ。比較すると下の写真のようにDelterの方が直径サイズがぴったりと一致する。
 純正品かと思うくらいペーパーフィルターと同じサイズだった

ステンレスフィルターで抽出

ペーパーフィルターとの比較

【DISKステンレスフィルター】

【純正ペーパーフィルター】

視覚的にはステンレスフィルターの方が、若干油分が多いかなと感じる程度の差しかし味覚は明確に差が生じており、ステンレスフィルターはコーヒーオイルをしっかりと感じられた

どちらが美味しいかは完全に好みの問題であるが、僕個人としてはコーヒーだけを単体で愉しみたいときには紙フィルターのスッキリとしたフレーバー重視の味わいを。食事のお供や、スイーツなどと合わせる場合はオイルの深みが加わる金属フィルターを選択している。

【5時間経過後】

5時間後、左側のステンレスフィルターによる抽出には油膜が発生しており、右側のペーパーフィルター使用とのコーヒーオイル量の差が確認できる。

粉っぽさ、微粉は?

金属フィルターの使用レビューには、紙フィルターと比較してマウスフィール(舌触りや飲み口)にザラつきや粉っぽさを感じる声が集まりやすい。

しかしながら今回の組み合わせでは非常に透明感が高く、底部に多少の微粉が覗えるが紙フィルターでも同程度の微粉は生じた。そして舌触りに粉っぽさを感じることもなかった。
 挽き目の粗さやグラインダー性能にも起因するから一概には言い切れないが、極めて優秀な金属フィルターであり、Delterとの相性が良いと思う

後片付け

水をサッとかけて洗い流す。油分が残っている場合は軽くスポンジ等で拭き取る。
 何度でも再利用できてエコだけど、このあたりは紙と比べると少し手間かな

それと、DISKコーヒーフィルターのサイズがジャストサイズのため、道具を用いないと外れなくなることも。端の方の穴から刺せる爪楊枝等を用意しておくようにしよう。

おわりに

今回比較して改めて感じたが、Delterにより抽出したコーヒーはスイートスポットに入ると恐ろしく美味い。エアロプレスにもV60にも無い癖になるフレーバーを連れてくる。

ステンレスフィルターにせよ、紙フィルターにしても、使い分けるとCoffeeの愉しさが広がることは間違いないだろう。ペーパーフィルターの在庫切れ時にもDelterを稼働できるDISKコーヒーフィルター(standard)はDelter 愛用者ならばマストアイテムだろう。

様々なシチュエーションであなたのCoffeeLifeを彩る、Delter × ステンレスフィルターを是非チェックしておこう。

AeroPress®用DISKコーヒーフィルターSTANDARD
able brewing社 公式HP
Amazonで探す  楽天市場で探す  Yahoo!で探す

関連記事

久しぶりにこんな衝撃を受けた。クリーンですっきりとした、苦味の少ない、美味しいコーヒー。それはスペシャルティーコーヒーの特性を十二分に引き出した抽出だった。スイートスポットに入った偶然の抽出かと思い、試しにもう一度抽出するも全く同じ[…]

NO IMAGE

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee