Zassenhaus No.531 “brilliant”

型番:Zassenhaus No.531 brilliant
年代:1954ー1960
寸法:23cm/12cm/12cm

特徴:brilliant(ブリリアント:光り輝く)の名に相応わしい美しい曲線を纏ったデザインはZassenhausのミルの中で最も美しいモデルの一つとされている。当時の磨き込まれた高級木材のチェリーウッドは60年経った今でもその木目と美しさは健在。中型。ミル内部レバーで細挽き〜粗挽き目調整可能。

brilliantには数が少ないもう一つのモデルが存在する。引き出し部にノブ(つまみ)のあるタイプである。発売初期のモデルで競合相手のDienes No.88を見てボタンレスに切り替えたと考えられている。

また酷似したモデルとしてNo.532というモデルも存在する。こちらもチェリーウッドを用いておりクランクもグラインダーもbrilliantと同一のものを使用。ミルの外観・形状が異なる。しかし圧倒的な人気を誇るbrilliantには敵わない。No.531 brilliantはやはり最高傑作なのだ。

ZASSENHAUSの歴史ザッセンハウス社(zassenhaus)は1867年創業以来、挽くことにこだわりコーヒーミルやペッパーミルを作り続けてきたドイツの老舗ミルメーカー。100年以上の歴史を誇り、苦難の時代も乗り越えてきた老舗会社だ[…]


>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee