Zassenhaus No.885

Zassenhaus No.885

型番:Zassenhaus No.885
年代:1930年代
寸法:14cm/14cm/25.5cm

特徴:メープル材で作り込まれホワイトカラーで仕上げられた珍しいモデル。1900年代前半とは思えぬほどのミル4隅の装飾や開閉式ドームに鉄製ノブなど、そのデザイン性には驚かされる。何よりもこの時代の木製コーヒーミルでありながら、何処か現代の先進的なデザインを感じずにはいられない。非常に面白い逸品。エンブレムとハンドルにはRZ.(ロバート・ザッセン)の刻印がされており、これは創業者ロバートザッセンハウスが、初期のZassenhausミルに記していたもの。No.は585〜858までが存在(100番刻みで4種類)し、更に追加料金にて細挽き可能な”モカグラインダー”へ格上げができた。(585)=ブナ材 (685)=オーク材 (785)=チェリーウッド材 (885)=メープル材 ハイナンバーになるほど価格は上昇。Zassenhausがフランス工場でミルを作っていた際に登場しており、フランス文化と芸術の影響を大きく受けたコーヒーミル。

ZASSENHAUSの歴史ザッセンハウス社(zassenhaus)は1867年創業以来、挽くことにこだわりコーヒーミルやペッパーミルを作り続けてきたドイツの老舗ミルメーカー。100年以上の歴史を誇り、苦難の時代も乗り越えてきた老舗会社だ[…]


>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee