• 2018年9月22日

Zassenhaus No.531 “brilliant”

型番:Zassenhaus No.531 brilliant 年代:1954ー1960 寸法:23cm/12cm/12cm 特徴:brilliant(ブリリアント:光り輝く)の名に相応わしい美しい曲線を纏ったデザインはZassenhausのミルの中で最も美しいモデルの一つとされている。当時の磨き込ま […]

  • 2018年9月16日

現代の技術を上回るZassenhaus(オールドザッセン) とは

ZASSENHAUSの歴史 ザッセンハウス社(zassenhaus)は1867年創業以来、挽くことにこだわりコーヒーミルやペッパーミルを作り続けてきたドイツの老舗ミルメーカー。100年以上の歴史を誇り、苦難の時代も乗り越えてきた老舗会社だったが2006年に倒産。KUCHENPROFI社が買収し別資本 […]

  • 2018年9月15日

日本が誇る大人のデザート!お店より美味しい珈琲ゼリーの作り方

淹れたてコーヒーで作る珈琲ゼリーの美味しさ あかつき Where are you from? びーんず君 I’m from Japan 意外と知られていないことだが、珈琲ゼリーは日本生まれ。だから“コーヒーゼリ”ーではなく、“珈琲ゼリー”。近年、外国人旅行客が増加しており珈琲ゼリーは外国 […]

  • 2018年9月9日

世界一美しい開化堂のコーヒーキャニスター
〜One of the most beautiful coffee caddy in the world〜

コーヒーキャニスターに求める性能とは? 美しいコーヒーキャニスターに出会った。手に馴染む滑らかな曲線に、丁寧に磨き上げられた銅の光沢。360度全く隙のないデザイン。これまで沢山のコーヒー豆保存容器を購入してきたが、もともと銅製品の大好きな僕にとって、今回の開化堂の茶筒は遂に終着駅になりそうだ。 そも […]

  • 2018年9月5日

アウベルクラフトの手回し焙煎機を使ってコーヒー自家焙煎に挑戦!!

コーヒー自家焙煎 自家焙煎なんて面倒くさそう “自宅焙煎“”の話をすると『時間が掛かりそう』『汚れる!!』『素人には難しそう!』など兎にかくハードルが高くて面倒だとの印象を持っている人がなんとも多い。 だが実際にやってみると拍子抜けするくらい大したハードルでは無い。コーヒー豆という焙煎後の鮮度が最も […]

  • 2018年8月28日

苦くない!薄くならない!シェイカーを使った美味しいアイスコーヒーの作り方

スペシャルティ・アイスコーヒー 『アイスコーヒー = ほろ苦い??』 暑い日が続くと無性に飲みたくなるアイスコーヒー。日本では喫茶店全盛時代が長く続いたためかアイスコーヒー=ほろ苦いイメージが定着しているが、スペシャルティコーヒーの風潮も相まって港では酸味の効いたフルーティーなアイスコーヒーを飲める […]

>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee

CTR IMG