• 2018年10月31日

コーヒーグラインダーはこれ1台で完璧!VARIO-V(バリオV)の使用感レポート

VARIO-V(バリオV)の特徴 大は小を兼ねるという言葉があるが、家庭用コーヒーグラインダーにおいてはエスプレッソ挽き用のグラインダーは少し特別な存在となる。 大抵のコーヒーグラインダー製造会社はエスプレッソ挽き用とプアオーバー、フレンチプレス用のグラインダーを分けて販売している。極細挽きといわれ […]

  • 2018年10月21日

Peugeot G1 (プジョーG1) メタリック

Peugeot G1 型番:Peugeot G1(メタリック) 年代:1950-1952 寸法:190mm/100cm/157cm 素材:鉄(把手部のみ木) 容量:コーヒー豆 50g ※写真のようにメタリックカラーでpeugeotロゴマークが残っているのは非常に珍しい。 1950年代初期(1950~ […]

  • 2018年10月21日

Peugeot G1 (プジョーG1) ホワイト・アイボリー

Peugeot G1 型番:Peugeot G1(ホワイト) 年代:1950-1952 寸法:190mm/100cm/157cm 素材:鉄(把手部のみ木) 容量:コーヒー豆 50g ※サビや塗装の剥がれ具合が程良いアンティーク感の出ている再塗装でないG1は価値が非常に高い 1950年代初期(1950 […]

  • 2018年10月16日

静音!粉の飛散ゼロ!カリタ NEXT-G(ネクストG)は本当に凄かった

Kalita NEXT G(カリタ ネクストG)について メイド・イン・ジャパンのKalitaが本気を出したコーヒーグラインダー。コーヒー業界で電動ミルといえば知らぬ人はいないkalitaの『ナイスカットミル』は1984年発売から32年間の超ロングセラーで幕を閉じた。 長くたくさんの人に使用される中 […]

  • 2018年10月8日

自宅で作るお店より美味しい濃厚アイスカフェラテの作り方

チェーン店と専門店のアイスカフェラテの違い   びーんず君 あかつきオーナー、お店より美味しいって過大広告じゃないですか?? あかつき びーんず君の言う通りだね。大手コーヒーチェーン店やコンビニより美味しいアイスカフェラテの作り方なんだ びーんず君 いやいや、それでも過大広告ですよ。お店で […]

  • 2018年10月5日

PeDe Dienes No.508

型番:PeDe Dienes No.508 年代:1951ー1960s 寸法:横9.5㎝ 奥12㎝ 高さ20㎝ 特徴:1951年~1960sに作られたDienesのコーヒーミルです。PeDe Dienes No.500のモデルに追加料金オプションをセットし、木箱を〝高級なチェリーウッド〟に、ミル刃を […]

  • 2018年10月1日

ホームバリスタが一推しするAscaso Dream(アスカソ ドリーム)を徹底調査!!

ascaso社の歴史 スペインのバルセロナで1962年に創業したエスプレッソマシンメーカー。創業当初よりエスプレッソマシンのパーツ製造と販売を行っており、現在では世界80カ国以上で販売するグローバル企業。 長年培った技術を活かし1997年に自社製造のエスプレッソマシンに着手。 ‘for […]

  • 2018年9月27日

PEUGEOT & CIE T-FIN

PEUGEOT & CIE T-FIN 型番:PEUGEOT & CIE T-FIN 年代:1850-1930 寸法:23cm/15cm/15cm 特徴:フランスの老舗プジョー(PEUGEOT & CIE)より1850~1930年の期間に製造されていた大変希少なモデル。本体は美しく硬質のクルミの木で […]

  • 2018年9月24日

本場イタリア人に教わったマキネッタによる美味しいモカエキスプレスのコツ

以前イタリア人の友人から聞いたマキネッタの日本ではあまり知られていないコツを紹介。 その前に個人的に一番気になっていたのはイタリアでは全家庭にマキネッタがあるという噂の真相。彼いわくこれは本当だとのこと。少なくとも実家にはみんな必ず持っていると言っていた。外ではイタリア人の生活に密着したバール(喫茶 […]

  • 2018年9月22日

Zassenhaus No.493 No.485 “Barock”

Zassenhaus No.493 No.485 “Barock” 型番:Zassenhaus No.493 Barock 年代:1945ー1953 寸法:22.5cm/12.5cm/12.5cm 特徴:丹念に磨き込まれたチェリーウッドに両サイドの溝を入れて装飾。ミルの蓋まで木で造られており両サイド […]

>暁屋が提案する

暁屋が提案する "日常がちょっとだけ豊かになるCoffeeLife"について

コーヒーに詳しい人も、缶コーヒーしか飲まない人も、美味しいコーヒーについて興味がある人も無い人も、コーヒーショップの店員さんも、奥様も、学生さんも、おじさんも、コーヒーをファッションとして考える若者も、全ての人が楽しんでもらえるCoffeeの魅力をお伝えします。

Coffeeの嗜(たしな)み方は人それぞれ。理論を追求してこだわるも良し、難しいことを考えず美味しければ良し、ホッとひと息つければ良し、お洒落に嗜むも良し。あなたのCoffeeとの日常が今より少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。

Propose your coffee life richly
It’s a wonderful bean
暁屋Coffee

CTR IMG